2008年09月19日

【つぶやき】モバゲーが健全サイト?

ちょっと古いのだが、この記事を取り上げる。

・モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)は16日、「コミュニティサイト運用管理体制認定制度」に基づき、ディー・エヌ・エーが運営する「モバゲータウン」とエン・ジャパンが運営する「en 高校生」を認定サイトとしたことを発表した。
EMAは、携帯サイトの健全性の審査・認定などを行う第三者機関。同制度の基準を満たすとして認定されたサイトは、携帯フィルタリングサービスにおけるブラックリストの対象から除外されることになる。

ググれる方は社会人の有名ブロガーの方のレビューを見てもらいたい。または一度自分でやってみるといい。
モバゲーは完全に「出会い系サイト」である。

資本力の問題で、まったく同じようなシステムを導入している出会い系サイトは数多く存在する。要は「プロモーション」の違いなのである。

当初からゲーム、ゲームの一点張りだったが、出会い系サイトをよく分析したつくりになっており、スタート時から「あれは、通常の会社じゃ、(あくどすぎて)できないよ」などと言っていたものだ。

では、なぜブラックリストの対象から除外されたのか。
それは、なぜEMAが民間事業者になったか、というのとリンクする。
国が民間事業に口出しする、というのはイカン、というのは建前。
要は「金」であり、それがやり易い、ということに尽きるのだ。

そもそも、若年層がパーソナルネット端末で不特定の多数の怪しい大人とネットでコミュニケーションを取れる状態をまず規制することが大事だったのではないか。私はそもそも規制自体に反対派なのだが、やる以上、「若年層を狙った出会い系」で稼いでいる会社を潰すくらいの勢いで初めくらいはいかないと、単なる弱いものいじめになってしまう。
金のある、上場会社は認定され、同じようなシステムでも弱小ベンチャーは認定されない。

公の機関がこれだけ腐っていると、子供を持つ親達は自分達で子供の教育と信頼関係を見直す、いい機会と思って公の機関は何も信用しないようにするしか、防衛手段はないのかもしれない。

(BETA)

cool_icon



「TASPOもそうでしょ?根本的に未成年が買えないようにするシステムじゃない。

日本テレビの24時間テレビと一緒だよ。
・見た目ですぐ判別できる障害を持った人の応援
・年齢ですぐわかる未成年の保護

これが支持を得るのが簡単だから。

儲けのためにはなんでも利用するのが日本人のやり方っす。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。