2008年09月16日

24時間テレビは放送する価値がない79%

livedoor ニュースで、「24時間テレビ、放送する価値あると思う?」というテーマで世論調査が行われ、21%の人が放送する価値がある、79%の人が価値がないという結果となった。

■24時間テレビは放送する価値がないという人の意見
「同じ人間で障害があるだけです、それは健常者(この言い方もキライですが、わかりやすく)も、いろんな障害をもっています。同じ目線でできないものでしょうか。」、「一、障害者の意見ですがもはや芸能人がタイムスケジュールの則って時間を消化していき、フィナーレを迎える・・・その当たり前に新鮮さが無くなり知ったように障害を語るなどムカッっと来ることも多いものです。」、「本来の主旨とかけ離れた企画が多いジャニーズを大量に登場させ歌を歌うだけ経費の無駄遣いボランティアや募金を募るならノーギャラでやるべき番組制作費を募金に回すほうがマシ。」さらに「金はお笑い芸人とジャニーズを救う」又は「金は創価学会を救う」いや「金は創価学会を巣食う」。なども。

■24時間テレビは放送する価値があるという人の意見
「チャリティーはしないよりした方が良い。」「障害で苦しむ方の実情を伝える番組として続けて欲しい。2時間やそこらのドキュメンタリーでは話題になりにくい。こうやって大々的に行うことにはプラスの面も多いだろう。さまざまな障害で不自由している方に比べて、なんて自分は恵まれているのだろうと毎年再確認させられます。」

tohoho_icon

「障害を抱えている人、を描くのなら、肉体的だけでなく、鬱病等の精神疾患の方も描くべきでしょ。でも、それはビジュアル的に、『あ〜、障害者(この言い方嫌いだが)もこんなにがんばっている、自分もがんばらなくちゃ、勇気もらった』という、差別的発想を得ることができないから、描かない。

しかし、見た目で違いが良くわかる人達ががんばるパラリンピックはちっとも放送しない。

金が本当に全額どこに流れているか、誰もしらないでしょ。

誰が潤っているか。

そもそも、エドの45%って視聴率って、どうよ。視聴率の機械は生で見ていないと計測できない。つまり、計算上、日本人の約半数があの時間に家でテレビを見て、エドを見ていることになる。
自分のまわりの人に聞いても、そんなことはなかったりする。

愛は地球を救う、じゃなくて、権力者を潤す金集め番組、っていうことでしょ。

ITリテラシーの高い人達は気づいても、その人たちは世間では少数派になってしまうからな・・・・。

この意識のギャップが自分達の殻(家族の殻)とかに閉じこもる結果となっているのかもねぇ。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。