2008年09月12日

農水省のがウソをついていた?

日に日に被害が拡大している、三笠フーズの「事故米」問題で、当初、農水省は「事故米」を、工業用糊や、木材の合板や集成材の接着剤の原料使用に限り販売を許可していると説明していた。しかし、国内では接着剤などの原料に米を使用することは殆どないというのだ。
工業用糊メーカーの大手ヤマト、不易糊工業、住友3Mいずれも、澱粉糊のうち「米を原料にしているものはない」という。また、「米を原料に糊を作っているメーカーがあるという話は聞いたことがない」のだという。ちなみに澱粉糊はヤマトがタピオカ、不易糊工業はコーンスターチを原料にしている。
つまり、農水省は使い道のない米を穀物業者に販売していることになる。

この事実だけを見ると、「食用以外なら、なんでもいい、というニュアンスだ」と農水省に言われたらおしまいだ。以前、大手量販店ビックカメラで、販売員に「これって、設置に追加料金かかりませんよね?」と質問すると、「大丈夫だと思います。でも、料金は現地で見積もるので、その時確認してください」と言われ、案の定、多額の設置料を取られたことがある。

何がいいたいかというと、ビックカメラと一緒。農水省もその道のプロである。これだけ大量の事故米を工業用、として入荷すると、その仕入れ商品の出荷の量など、チェックすれば一瞬にしてわかるノウハウがあるはずなのである。

なのに、なぜ、いままでだまっていたのか。

小学生でもわかる醜悪な事実を想像するに難くない。

しかし、それが事実だとしても、表に出ることはないだろうが。

shitting_icon

「健康被害はない、っていうけど、ここ7年間ぐらい、西日本で癌発生率が上がっているんだってね。

もちろん、因果関係なんて証明できない。ちなみに、事故米に含まれていたアフラトキシンB1って、ラットの実験だと、100%癌が発生するんだってねぇ。

うふ、日本人同士で殺し合い。

こりゃ、感度の強い若者は発狂するか、無気力になるか、だねぇ。

ぶふぅ」



posted by ワルぱんだ at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。