2008年09月09日

大相撲大麻疑惑、もろもろ結論へ

自分の部屋の力士から大麻事件を起こした北の湖(55)=本名・小畑敏満=は理事長を辞任し、後任を理事の互選で武蔵川理事(60)=元横綱・三重ノ海=とした。北の湖はそのまま理事として残る。なぜ理事として残るか、を記者に聞かれ、九重親方は「頼れる存在なので」とした。
精密検査で大麻の陽性反応が確定した幕内の露鵬(28)=大嶽部屋=と、十両の白露山(26)=北の湖部屋=の兄弟力士は、いずれも解雇処分となった。露鵬の師匠、大嶽親方(40)=元関脇・貴闘力=は、委員から年寄へ2階級降格処分を受けた。露鵬が「大麻は(6月の)ロサンゼルス巡業の時に、黒人シンガーから入手した」と告白していたことがわかったが、今回の調査では、6月の大麻使用では陽性になることはなく、その後の使用が疑われている。露鵬は取材に対し、「これは武蔵川の陰謀だ。理事会が謝るまで、自分は戦い続ける。しかし、謝ったとしても自分が相撲界に戻ることはないだろう。この世界は汚すぎる」とコメント。
また、もっていた大麻がごく少量だった、ということで不起訴処分となったロシア国籍の元若ノ鵬(20)=本名ガグロエフ・ソスラン=は会見を開き、「自分がすべて悪い。露鵬と白露山に自分の悪いイメージをつけてしまった。あの二人はとてもまじめで、絶対に(大麻を)やっていない。相撲協会、すいませんでした。北の湖親方、すいませんでした。間垣親方、すいませんでした。日本の皆さん、すいませんでした。自分は相撲と取りたい。これからまじめになります。許してください」
と日本語で切々と訴えた。
同席した弁護士は、過去に横綱が拳銃(けんじゅう)所持でけん責となった事件などの相撲協会の処分例を挙げて「解雇は厳しい」と述べ、解雇処分への法的措置を示唆した。


icon1



「面白いコラムがあったね。
『けいこ中に新弟子が命を奪われ、横綱は巡業をさぼり、幕の内力士が大麻所持で逮捕。これだけタガがゆるんでいれば、問題が「構造」にあることぐらい子供にもわかる。』

だよねぇ。快楽目的の大麻吸引はやってはいけないことだけど、違法ではない。なのに露鵬と白露山は解雇。過去に拳銃所持(違法)の横綱はけん責。

理事のメンバーは変らず。北の湖は理事長から理事になっても月5万円ほどしか給料は変らず、年収は2000万を超える。

相撲は本来武道。道をはずした人間がまじめにやりたい、と言う時こそ、迎え入れて鍛えるべきだと思うんだけど。

国技なんて認定があるから、NHKの金、税金優遇なんかがあるのよ。

ここまで失墜したんだから、第3者機関を設けて、改善が見られない間は、国技認定をはずすべき。

金と既得権益確保にしか興味ない人間ほど必死に働くんじゃないの?

逆に、これが国技だとすると、日本人は文化よりも金重視、上の人間は責任を取らず、既得権益にしがみつく、というの日本の組織構造の象徴となるね。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。