2008年09月02日

【妄想】福田康夫首相の退陣について

icon1

「暫定税率で揉めたように、公明党(創価学会)の自民離れが進んでいたよねぇ。彼らにすれば、与党であることが大事で、自民党である必要ないから、民主に鞍替えしてもいいわけで。そうなると、間違いなく総選挙に自民が勝つことはできないねぇ。
公明党が自民党につくことの条件に福田の辞任を求めたら・・・。

どちらにしても、公明党をいかに取り込むか、が政権与党を左右する昨今。そろそろ池田先生のことを『ともだち』って呼んだ方がいいかもねぇ。

ぶふぅ」


タグ:福田康夫
posted by ワルぱんだ at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。