2008年08月04日

PR価値があまりない?西川女史

西川史子(37)が、映画「俺たちダンクシューター」(9日公開)の宣伝マネジャーに就任し3日、都内で行われたヒット祈願イベントに登場した。
しかし、交際相手は年収2000万から4000万円に条件が上がっただけで、スキャンダルもないなか、いつもと代わり映えない返答しかない西川に記者の質問も止まりぎみ。で、サンジャポで競演している青木アナの件について聞かれ、「私には相談なかったですよ、人が頑張るか頑張るまいか(私には)関係ないです。いちアナウンサーですし」と局アナの騒動についてピシャリ。
今後のタレント活動的にも、そろそろ電撃結婚ぐらいのスキャンダルを作っておきたい、と語る西川女史の今後のキャラ付けに注目か。


normal_icon


「西川女史は女子に人気がない、っていうことも聞くしね。

ただ、はじから色気がない分、歳をとったところで、外見で実力者から遠ざけられることもないだろうし、そこらへんの身のこなしは頭がいい分、抜群にうまいそうだから、芸能界でいい位置にはいれるんだろうね。

学力ではなく、地頭の良さってこういうところで生きるのかもねぇ

ぶふぅ」


タグ:西川史子
posted by ワルぱんだ at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。