2008年08月02日

赤塚不二夫氏、死去

「おそ松くん」「天才バカボン」などで知られる漫画家の赤塚不二夫(あかつか・ふじお、本名・藤雄=ふじお)さんが2日午後4時55分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。72歳だった。旧満州(現中国東北部)出身。自宅は東京都新宿区中落合1の3の15。葬儀・告別式などは未定。

■赤塚不二夫・・・小学生時代に手塚治虫作品に感激し、漫画家を志す。デビュー後、石ノ森章太郎や藤子不二雄らが住む、「トキワ荘」に転居。代表作に「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」「もーれつア太郎」等がある。ニャロメ、ウナギイヌ、レレレのおじさん等の個性的なキャラクターを生み、「シェー」「ダヨーン」「これでいいのだ」等の流行語も数多く誕生させた。

normal_icon

「エロ・グロ・ナンセンスなんて、今やったらものすごい抗議がくるんだろうねぇ。子供に悪影響だって。
赤塚マンガの警官はガンガン銃撃ってたもんねぇ。

鉄腕アトム、サイボーグ009、マッハGoGo、天才バカボン、ドラえもん、パーマン、世界名作劇場。

いっぱいアニメってあったけど、今の子供が見るアニメとは何か違うねぇ。

何かしら。金ね。

ぶふぅ」


タグ:赤塚不二夫
posted by ワルぱんだ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。