2008年07月29日

世界の2大ヒーローが来日

 米映画「バットマン」シリーズ最新作「ダークナイト」(クリストファー・ノーラン監督、8月9日公開)の主演を務めるクリスチャン・ベール、「インクレディブル・ハルク」(ルイ・レテリエ監督、8月1日公開)の主演のエドワード・ノートンが来日中だ。
バットマンはジャパンプレミアが28日、東京国際フォーラムで行われたが、クリスチャンは22日、英ロンドンで母親や姉に暴行し逮捕されたばかり。記者に声をかけられても「そのことはプライベートのことなので、ここで話すことではない」とピリピリ。主催者側もマスコミ陣のプライベートに関する質問をシャットアウトすることに躍起だった。

normal_icon

「エドワード・ノートンって、建築家の祖父が大阪の海遊館の設計をしていた関係で、1年日本にいたことあるんだよねぇ。イェール大学で日本語を勉強していたこともあって、結構日本語がうまい。
アメリカではアン・リー版のハルクと興行成績的に同じ感じに落着きそうだけど、今回はゲストで、テレビ版ハルクのルイ・フィリグノがガードマン役で出ていたり、ヒクソン・グレーシーが出ていたり、とマニア心をそそるよねぇ。

クリスチャンはターミネーター4も控えているし、SF大作が続くねぇ。ここでがっつりいってほしいところなのに、プライベートで足を引っ張るのはもったいない。

ぶふぅ」


posted by ワルぱんだ at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。