2008年07月18日

陣内また生放送遅刻で土下座

陣内智則(34)が17日、司会を務める読売テレビの情報バラエティー番組「なるトモ!」(月〜金、前9・55)生放送に遅刻した。
この日、品川発午前6時23分の新幹線に乗って新大阪で下車予定だったが、寝過ごして岡山まで行ってしまった。スタジオに入ったのは番組終了間際の同11時7分。何度も土下座をした。
陣内は06年1月19日にも同番組に遅刻している。

tohoho_icon

「これが同じような、個人のタレント性の仕事で例えると、

・漫画家が締め切りに間に合わなくて、連載休止
・占い師が原稿を送らなくて、今週の占い中止
・結婚式のプロ司会者が遅刻でこなくて、友人が代役
・パーティーのケータリングのシェフが遅刻して、弟子が料理

っていう感じか。
同じく、日本テレビ系の「らじかる!」もタレントの遅刻だけなく、局アナまで遅刻する、っていう遅刻常習者番組だけど、結局、本人を甘やかす周りの責任、って大きいよねぇ。

一般の会社でも、その部長のマネジメント力で、社員の勤務態度が同じ会社でも全然違うもんねぇ。

2回もやったら、司会からおろす、ぐらいの毅然とした態度がとれないマスメディアって。それを支持する視聴者って。

ぶふぅ」


タグ:陣内智則
posted by ワルぱんだ at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。