2008年07月14日

日大スキー部、インカレ出場無期限停止

全日本学生スキー連盟は12日、日大スキー部の1年生男子部員(当時18歳)が昨年10月に強姦(ごうかん)致傷事件を起こしたうえ、部がこの事件について事実と異なる報告をしていたとして、同部(男子)を無期限の全日本学生選手権(インカレ)出場停止とする処分を決めた。
男子部員は昨年10月、東京・世田谷区内での強姦致傷容疑で逮捕され、翌11月、入学前に札幌市内で起こしていた別の事件のため、強姦容疑で再逮捕。4月に懲役4〜6年の実刑判決が下りた。男子部員は昨年11月に退学処分となった。
しかし、昨年12月に日大スキー部の早坂毅代司監督はこの事件はスキー部の活動とは関係なく、男子部員も自主退学だった、と報告。連盟はインカレ出場を認め、日大は男女とも総合優勝した。
実際は、男子部員は退学処分で、スキー部の合宿所から犯行現場に向かっていたことなども発覚。今回の処分となった。
の問題では、早坂監督が4月に同連盟理事を辞任したが、監督には留任。また、大学によるスキー部への処分は出されていない。

normal_icon「こんな犯罪を犯す人間と他のスキー部員が連帯責任、っていうのがいかにも日本らしいねぇ。

この監督が虚偽報告をするほど追い込まれたのも、こういった異常事件で連帯責任を押し付ける、連盟にも問題あるのでは?

どっかのラグビー部のように、日常的に集団暴行していた、っていうことなら、行為に加わらなくても、止めなかった部員にも責任があるから、連帯もわかるけど。

高校野球の一部の選手の喫煙、とかもそうだけど、他の部員の犯罪行為をまったく知らなかった場合、モクモクとがんばっている学生の夢を奪うことって、いったい何の意味があるのかねぇ。
レイプのような人権侵害事件を犯す人間に、他の部員に迷惑がかかるから、っていう抑止なんて効くわけないし。

個人をちゃんと更正させることができない指導者の便利な手段、としか思えないねぇ。

ぶふぅ」




posted by ワルぱんだ at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。