2008年07月10日

山本モナまた不倫騒動

山本モナ(32)と巨人・二岡智宏内野手(32)の“五反田ラブホデート騒動”が10日発売の女性誌「女性セブン」が報じている。
モナはキャスターを務めるニュース番組「サキヨミ」の初回生放送があった6日夜、新宿2丁目のゲイバーに行き、店を出たのは翌朝4時半過ぎ。数人で出てきたが、二岡とモナは2人でタクシーに乗った。車内でキスを交わし、五反田の1泊9800円のラブホテルに向かったという。
モナは9日夜、直筆署名入りファクスでコメントを発表。二岡とホテルに入ったことは認めたが「本当にお酒を飲んだだけで、他には何もなかったと天に誓って申し上げます」と釈明。二岡から何度も「ホテルで飲み直そう」との誘いを断ったが、路上でもめるのを避け、やむなく入ったという。しばらくしてから、二岡を残して先に出たそうで、タクシー内のキスについても酔った二岡が勢いで迫ったとしている。
二岡はこの件について、まだコメントをしていない。
「サキヨミ」の降板は避けられないか。
tohoho_icon「以前、問題起こしているんだから、なんでもうちょっと慎重に行動しないかね・・・。

無理やりのキスと、合意のキスって外から見てもわかるもんだからなぇ。

この行動はやはり女性には受け入れられないだろうから、キャスター降板は避けられないだろうね。逆に降板させなかったら、フジテレビはそういう会社、ということになってしまうしね。

未成年の女性と大人の男性、という関係と違って、男のせいで30歳を越えた女性が、自分をコントロールすることができない、なんていい訳はさすがに、ねぇ。

ぶふぅ」


タグ:山本モナ
posted by ワルぱんだ at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。