2008年07月09日

加藤氏発言に拉致家族会抗議

加藤氏は7日夜のBS番組で、小泉純一郎首相(当時)が訪朝した平成14年秋、拉致被害者5人が帰国した際、政府が5人を北朝鮮に返さないことを決めたことを「当時官房副長官だった安倍晋三前首相を中心に(拉致被害者を)返すべきでないと決めたことが日朝間で拉致問題を打開できない理由だ。返していれば『じゃあまた来てください』と何度も何度も交流していたと思う。そこが外交感覚の差だ」などと発言。金正日総書記が拉致問題を認め、謝罪したことについても「天皇陛下みたいな人物だ」と述べた。
これに対し、拉致被害者家族会(飯塚繁雄代表)と「救う会」(藤野義昭会長)は9日、「拉致被害者や家族の思いや不安をまったく理解しようとしない加藤氏に強い憤りを覚える」と抗議声明を出した。
tohoho_icon「なんども言うんだけどさ、加藤議員は何も悪くないって。彼はもともと、こういう人なんだもん。こういった議員を選んだのは山形県民。だから、山形県民の意思を反映しているだけだから。

それが、民主主義。日本のことを考えない議員が選ばれるのも、ミーイズムの県民の意思だから。彼に票を入れている山形県を責めないと。

矛先が違いまっせ。

ボクはささやかな抵抗だけど、彼が議員の間は山形県にも行かないし、山形県産の食品は買いません。

ぶふぅ」



タグ:加藤紘一
posted by ワルぱんだ at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。