2008年06月20日

【コラム】アメトークが露骨過ぎる件

テレビ朝日系列に「アメトーク!」という番組がある。ちょっとテレビ製作に興味がある人なら知っていると思うが、純粋なトーク番組風の体裁をとった、脚本のしっかり決まったバラエティ番組である。
さまざまな形態をとってきたこの番組企画で、現在定着しているのが、いわゆる「くくりトーク」である。いわゆる、「ある共通の趣味や特徴を持った芸人を集めてトークする」というもの。
「昭和47年生まれの芸人」や「ガンダム好き芸人」などの企画で盛り上げた。
しかし、最近ちょっと変わってきたのだ。

露骨に商品、PCサイトをアピールする内容になってきているのだ。画面内に、トークの際にでた商品の値段と発売元まで表示する始末。

先にも述べたとおり、この番組は芸人が勝手にしゃべっているように見えるが、実はしっかり脚本が決まっている。ここまで商品を無料で紹介することはありえない。それも、テレビ朝日はキー局では視聴率が悪い方なので、積極的にプレースメント(視聴者に気付かれないように商品タイアップをする方法)をしてきた。

それにしても露骨すぎる。昨日の「家電芸人」などはひどかった。PCサイト、メーカーサイトの紹介のオンパレード。サイトによると思うが、結構な額を取っているはずだ。

ここまで露骨だと、さすがに気付く一般視聴者もいると思うが、気付かない人もいると思う。で、ちょっと気になったので、放送法を調べてみた。

■第51条の2 一般放送事業者は、対価を得て広告放送を行う場合には、その放送を受信する者がその放送が広告放送であることを明らかに識別することができるようにしなければならない。

あ、そもそもどのテレビ局もこんな放送法守っていないね。

圧倒的に力のあるメディアって恐ろしいものだ。

(BETA)

normal_icon「まあ、テレビ局の帳簿上見えない数字だからね。

マルサも独禁もテレビ局には入らないからねぇ。

それだけの力があるんだから、触らぬ神にたたりなし、だね。

ぶふぅ」


タグ:アメトーク
posted by ワルぱんだ at 00:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
まぁ、見る方は笑えればそれでオッケーみたいなとこありますからねぇ・・・
Posted by カズマ at 2008年06月20日 21:41
嫌なら見なきゃいいわけですからね。多額の金を払っているCMスポンサーはかわいそうですが。

マスメディアの力はまだまだあるので、その影響力を考えると、このまま知識&情報系番組がプレースメントで埋まると、どういったことになるのか、想像すると怖いです。
Posted by BETA at 2008年06月21日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。