2008年06月16日

キムタクへの報道規制がとれたか?

木村拓哉(35)主演の月9ドラマ「CHANGE」についての裏ネタが出始めている。
内容とは
「木村サイドとスタッフがギクシャクしているのです。『CHANGE』の脚本は福田靖氏が担当していますが、木村サイドは何度も“ダメ出し”して書き直させたといいます。福田氏は過去に『HERO』や『ガリレオ』などを手掛け、再来年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』の脚本を任されることも決まっている。内心、面白くないでしょう。『龍馬伝』の制作発表会見で、NHKのプロデューサーが“大河ドラマをチェンジします”“(龍馬役は)ちゃんとしたオトナの俳優の方にやっていただきたい”と木村をおちょくるような発言をしていたのも、福田氏の心情を“代弁”したのでしょう」(テレビ関係者)

とのこと。
ご存知の通り、ジャニーズは報道規制力が強い。その中でもスマップ、特にキムタクについて悪く書くことはご法度であった。
それが、このドラマの失敗、そして次々起こるスマップ人気の陰り現象でパワーバランスが崩れたのだろうか。
思えば女性誌アンアンの連続人気1位のデキレースが終わり、CM好感度タレントでも1位を逃したあたりからこうなることはわかっていたことかもしれない。
こういったニュースはまだ一部の報道のみで、やはり広く報道機関が扱ってはいない。

同ドラマはスタートを通常よりも1カ月遅らせるなど注目されていたが、視聴率は大苦戦。初回は23.8%だったが、2日の4回目は19.3%、9日が19.5%で、木村の主演ドラマとしては3年ぶりに20%台を割ってしまっている。

shitting_icon「いや、だってCHANGEつまんないもん。正直、社会で働いたことのある人が見たら、キムタク総理を許せないでしょうな。

ま、今の政治家を選んでいる国民にはこれぐらいアホな政治ドラマで十分でしょ?っていう高尚な皮肉かもしれないけど。

そりゃ、ないか。

『ごくせん』の暴力教師も最近筋が通ってないから、もうなんでもあり、だね。

ま、幸いなのは『CHANGE』も『ごくせん』も十代は見ないだろうし、見ても共感はないだろうということ。
まだテレビ文化から抜け切れない、アラサー以上をターゲットにしているからねぇ。

ぶふぅ」



posted by ワルぱんだ at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Ranking支援クリック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。